100328 003

春の恒例、今年もボージョレーワイン委員会(Inter
Beaujolais)及びフランス食品振興会(SOPEXA) 主催の
ボジョレキャンペーンに参加します。

ボジョレといえば日本では毎年11月第3木曜日に解禁となる
ボジョレヌーボーがあまりにも有名ですが、でももちろボジョレ
地方のワインはヌーボーだけではありません。

「ボジョレ」「ボジョレ・ヴィラージュ」と10のクリュ「ブルイイ」
「シェナ」「シルーブル」「コート・ド・ブルイイ」「フルーリー」
「ジュリエナ」「モルゴン」「ムーラン・ナ・ヴァン」「レニエ」
「サン・タムール」の12の名称のワインがあります。

いまでこそ50種弱のワインを取り揃えておりますが
10年前は一種類しか置いていませんでした。
それが「ムーラン・ナ・ヴァン」です。
八千代のワインはボジョレから始まったのです。

今回フェア用に用意したのは

DOMAINE MARIE-ODETTE
(ドメーヌ・マリー・オデット)
BEAUJOLAIS-VILLAGES Le Perreon [2007](ボジョレ・ヴィラージュ ル・ペレオン [2007])

100328 006

です。早速飲んでみました。
ベリーとフランボワーズの香り。キレのある酸と
(ボジョレにしては)珍しくタンニンを感じます。
どんなお料理にも合いそうですが、あえて言うならば牛のタタキ
などがよろしいかも知れません。

期間中はフェア特別価格でご提供しております。
ボジョレ?いまの時期に?などと仰らずに是非お味見に
来てください。ボジョレはヌーボーだけじゃないんだと
驚かれると思います。

去年のキャッチコピーは「桜を愛でる赤ワイン、ボージョレー」
でした。お花見のお供にどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事