Kappou&Ryokan YACHIYO

割烹旅館八千代 公式ブログ

メニュー

本日の仕入【乾いた漁師と濡れた猟師は…】

フランスの諺に「乾いた漁師と濡れた猟師は見るも哀れだ」というのがある。

Французская поговорка гласит: “Сухой рыбак и мокрый охотник являют вид печальный”.

ツルゲーネフの小説「猟人日記」― И. С. Тургенев.”Живые мощи”(Из цикла “Записки охотника”) ― 中に見られる一文だが、難癖をつけるつもりはないのだけれど、雨が降って嘆くのはなにも鉄砲猟師だけじゃあるまい。ツリシ、スナドリ(漁師)だって、お天気の悪い日は商売あがったり、漁獲量は多くないのだ。

昨日のまとまった雨のせいでセリ場はこのありさま。品物が極端に少ない。売買参加者の姿もまばら。

食いもの屋もある意味、お天気相手の商売。いつでもネタ満載なのはフランチャイズの冷蔵庫だけ。朝寝してちゃ”状況”に翻弄されてしまう。お天気の悪い日の翌日は10分早めの入り込み。早起き励行。来週もガンバロウ。

shiire_20150613_03

関連記事

  1. 2008.12.31

    重詰
  2. 2015.06.17

    水曜休市

コメントをお待ちしております