Kappou&Ryokan YACHIYO

割烹旅館八千代 公式ブログ

メニュー

桂米朝独演会「七夕寄席」(古今帖3)

untitled

本日午後18:30より、松阪コミュニティ文化センターにて
松阪出身の噺家桂文我さんの独演会が開催されます。

文我さんは松阪工業高校出身だそうです。今も八千代の
前の通りを工業の学生さんが多く通学されています。
文我さんもこの中のお一人だったのでしょうか。

ところで、この桂文我さんですが、四代目文我を襲名する前の
桂雀司時代に八千代の舞台を踏んでいただいております。

それがこの1990年(平成2年)7月7日(土)に行われた
「桂米朝独演会【七夕寄席】」です。

090913 010

八千代のには110畳の大広間があり、ささやかながら
舞台もございます。そこでこの七夕寄席が行われたそうです。
私が嫁ぐ数年前のこと、このパンフレットをみてもっと早く
嫁にくればよかった・・と思ったのは言うまでもありません。

米朝師匠をお招きして松阪で落語会を開く、主催者の方の
並々ならぬ熱意とご苦労が、このパンフレットを見ると強く
感じられます。このような催しを弊館にてさせて頂いたこと、
私どもにとっても大変誉れであり大切にしていきたいと
思います。

100128 008

当日の演目です。

 鳥屋坊主   雀司
 
 ふぐ鍋      吉朝

 宿屋仇      米朝

   仲入り

 お楽しみ    米朝

桂吉朝さんのお名前もあります。演目は「ふぐ鍋」。
吉朝さんは大変残念なことに泉下の人となられました。
ここでふぐ鍋をやっていただいたのだと思うと冥利に尽きます。

ちょうどふぐが美味しい季節ですね。
てっさ、てっちり、焼白子、から揚げ・・・八千代のふぐコース
でしたらお毒見役は必要ないですよ。

そして米朝師匠に書いていただいた色紙です。

090913 007

どうぞご自愛いただきまして、これからもずっと
私たちに楽しみをお分けくださいまし。

ところでどうしても諦めきれず、義父に録音テープか
なにか残っていないのか、と尋ねたら
「そういうものは厳禁、絶対駄目。残ってません!」
ということでした。残念。

関連記事