Kappou&Ryokan YACHIYO

割烹旅館八千代 公式ブログ

メニュー

本居宣長旧宅「鈴屋(すずのや)」

norinaga_20090821_01

松坂城址の一角にある本居宣長記念館に隣接する場所に、かつては魚町にあった宣長の旧宅を移築・公開しています。

norinaga_20090821_02

norinaga_20090821_03

宣長は鈴をことのほか愛し、学問に疲れたときは鈴を振りその音色に癒されていたそうです。鈴好きな宣長は書斎を『鈴屋(すずのや)』と号しました。

norinaga_20090821_04norinaga_20090821_05

(通常の公開時は二階の書斎に上がることはできません。)

松阪の駅前には鈴のモニュメントがありますし「鈴の音市」「鈴音頭」お菓子で「鈴最中」など松阪に「鈴」にちなんだものが多いのは宣長さんの鈴好きから来ています。

宣長宅の台所と、

norinaga_20090821_06

五右衛門風呂。

norinaga_20090821_07

時が止ったかのようです。

鈴屋を出ると松坂城址に秋の気配を含んだ風が吹いていました。八千代から御城番屋敷、宣長記念館、松阪城址と格好の観光コースです。お城を中心に見所が固まっていますので徒歩で楽しめます。但し御城跡は石の階段が大変なので歩きやすいスニーカーなどがお薦めです。

関連記事

  1. 2009.03.15

    同心町の春
  2. 2009.03.21

    桜情報1